最新例会レポート
シニアSOHO東京 第9回通常総会 第48回例会
第9回通常総会並びに第48回例会を日比谷中日ビルのシーボニア・メンズクラブにおいて開催。
第一部、第9回社員総会では、小川代表が議長に選任され、定足数を見たしている旨の宣言の後、第1号議案(平成23年度事業活動及び収支決算報告の件)第2号議案(平成24年度事業計画及び収支計画承認の件)第3号議案(平成24年度会費の額の件)第4号議案(議事録署名人選任の件)第5号議案(平成23年度表彰者選出報告の件)を上程、議長はこれらの内容について詳細に説明し、社員総数32名のうち本日の出席者23名(委任状含む)全員に各議案について意見並びに審議を求めたところ質疑もなく、満場一致で原案通り議決されました。なお、23年度表彰者には、当法人の活動をこれまで数多くの素晴らしいお仲間に積極的に紹介し、当法人の発展に大変寄与していただきました、会員で建築家の日名輝雄さんが選出されました。表彰式は次回7月の例会で行う予定です。
第二部、第48回例会では、大手ハードメーカーの経営企画室広報部長として40年近くにわたってご活躍され、その後5年間出版メディアの経営に携わり、更に社団法人で、ITベンチャー企業の支援育成に尽力され、今なお現場のメディア関係者との交流を絶やさず最新情報に接しておられる、当法人監事の小山和薈さんに、〜大震災以降のメディア変貌の裏側に迫る〜「ネットメディア情報の活かし方・楽しみ方」というテーマでお話しいただきました。”活字離れ”といわれながら、意外に新聞への評価が高いこと、新聞の社会への影響力、特に大震災・原発事故以後、新聞はメディア・情報源としてその重要度を増しているという印象を述べられました。また、大震災は新旧メディア間の垣根を取り払い、テレビとインターネットの融合を現実的なものにし、「ユーストリーム」や「ニコニコ動画」上で同時配信された震災報道は、ネット映像メディアの”マスメディア化”の歴史的瞬間だったというコメントも紹介されました。多彩なメディア情報をどのように選び且つ活かし楽しむか、大変興味をそそるテーマでした。
恒例の全員写真の撮影の後、会員の杉山泰久さんの乾杯の音頭で懇親会に入り、和気藹々とした交流会を満喫し、6時15分に閉会しました。

交流会風景写真01
交流会風景写真02 交流会風景写真03
第9回総会の模様、議長は小川代表 第48回例会スピーカーの小山さんと小川さん
交流会風景写真04 交流会風景写真05
交流会風景写真06 交流会風景写真07
交流会風景写真08 交流会風景写真09
※本例会アルバムに掲載されている写真のうち、「削除」を希望される場合は事務局までご連絡ください。