最新例会レポート
シニアSOHO東京 第52回例会
平成24年12月15日(土)第52回、今年最後の例会を神田の「日本全国うまいもの交流サロン『なみへい』」において開催しました。
忘年会を兼ねた今回は、小川代表のあいさつに始まり、いつものゲストスピーカーに代わり「なみへい」代表の川野真理子さんに同サロンの紹介をしていただきました。 「なみへい」は、「東京からふるさと興し」をコンセプトに地域活性化を目的に作られた店で、飲食店経営ではまったくの素人だった川野さんが、開業への熱い想いを語り、それに心動かされた23名の賛同者の協力を得て実現したとのこと。スタートして4年。その間には大変な苦労があったことや、危なっかしい同氏を温かく見守ってくれた支援者との信頼関係が、更なる努力への励みになり現在に至ったことなどを楽しく話してくださいました。「東京にいて故郷に現金を落とす」にはどうしたらよいかということがそもそもの出発点で、これからも日本中のおいしいもの、珍しいもの、郷土料理を紹介しながら、いろいろな地域の人たちに交流の場を提供して行きたいとのことでした。 続いて、クロマグロのブランド化を進めている「函館ベンチャー企画企業組合」から、松前クロマグロの鮮度保持技術の有用性調査の一環として試食してアンケートに答えるという、イベント(?)があり全員参加。その後、田中理事の乾杯の音頭でいよいよ郷土料理を楽しむ交流会がスタート。12月特集の岡山県真庭市と津山市からブランドにした青大豆のかき揚げ、蒜山ジャージー牛、柚子胡椒、そずり鍋、和蕎麦など、そして各地の地酒。振る舞われた郷土料理をみなさんが満喫され、楽しい時を過ごされました。最後に全員写真を撮り18時15分にお開きとなりました。
交流会風景写真01 交流会風景写真02
交流会風景写真03
交流会風景写真04 交流会風景写真05
交流会風景写真06 交流会風景写真07
交流会風景写真08 交流会風景写真09
※本例会アルバムに掲載されている写真のうち、「削除」を希望される場合は事務局までご連絡ください。