はじめに

  食品を提供する事業者にとって「より安全を確保し、消費者に安心を提供する」事が重要な課題ですが、この「食の安全・安心」の問題で、数多くの中小規模事業者が頭を抱え悩んでいると思われます。「食品衛生レベルの向上」を実践するためには、HACCPやISOなどの資格を取得することだと考え、自分達には難しいと思い込み、より高い安全への取り組みを諦めてしまうことが多いように見受けられます。

  この様な社会背景から「シニアSOHO東京」は、「食の安全・安心」の向上に意欲を持つ中小事業者に対して、資格取得と言うよりも実質的な取り組みを側面から支援し、その事業活動を通じて社会に貢献したいと考えてきました。具体的には2007年8月に、「食品安全委員会」を発足させ、食品衛生関連企業OBなど約10名のメンバーで活動を行っています。2018年、厚生労働省によるHACCP制度化が計画される中、我々が貢献できる分野が数多くあると考えています。

  これまでに、以下の活動を実施してきました。
2009年 成田空港内の機内食調製会社JAL ロイヤルケータリング株式会社の食品安全総合
    システム構築のコンサルテーションを受託。(〜2010年3月)
2011年 「中小規模食品事業者のための食品安全ガイドブック」を発刊。
2012年 東京都食品衛生自主管理認証制度の重要性に着目し、東京都福祉保健局健康安全
    部食品監視課のご協力を得て、同制度の普及推進と衛生レベル向上を目指す
    「食品安全セミナー」を開始 。
    2017年8月に第8回を開催。
    ※セミナー情報は、このページの左にある同名タブをクリックしてご覧ください。
2015年 王様製菓株式会社様より、東京都食品衛生自主管理認証の取得に関するコンサル
    テーション業務を受託。2016年11月 認証取得。
2016年 株式会社セイシン企業様より、同上認証の取得に関するコンサルテーション業務
    を受託。2017年3月 認証取得。

  今後の活動内容としては
   @ コンサルティング
   A セミナー開催
   B その他、食品安全向上を目的とした事業
  を実施して行きたいと思っています。


2017年8月  特定非営利活動法人シニアSOHO東京 食品安全委員会